Coronary Intervention 2017 Vol.13 No.5(2017年9月発行)

正誤表一覧

このたびは小社出版物をご購入いただき, 誠にありがとうございます。以下の雑誌・書籍内に誤りがございましたので, ここに訂正させていただきますとともに, 深くお詫び申し上げます。

Coronary Intervention 2017 Vol.13 No.5(2017年9月発行)

訂正箇所
61ページ 右段 上から4行目

586

533

Coronary Intervention 2017 Vol.13 No.5(2017年9月発行)

訂正箇所
61ページ 右段 上から1~2行目

およそ50年の

およそ80年の

Coronary Intervention 2014 Vol.10 No.5(2014年9月発行)

訂正箇所
表紙 / 4ページ 目次 / 7ページ 特集トビラ / 55ページ タイトル / 57,59,61,63,65ページ 各右上

Navufocus WRによるIVUSガイドCTO intervention

Navifocus WRによるIVUSガイドCTO intervention

Coronary Intervention 2014 Vol.10 No.4(2014年7月発行)

訂正箇所
97ページ 左段 下から6行目

より多くその恩恵にあずかるであろう若年患者に対して,より積極的に使用すべきと思われる。

より多くその恩恵にあずかるであろう若年患者に対して,より積極的に使用すべきと思われる。

Coronary Intervention 2014 Vol.10 No.1(2014年1月発行)

訂正箇所
78ページ 右段「まとめ」内下から2行目

ただし,径4.5mmを超える冠動脈に対する留置は不完全圧着となる可能性があるので,注意を要する。

ただし,径4.75mmを超える冠動脈に対する留置は不完全圧着となる可能性があるので,注意を要する。

Coronary Intervention 2014 Vol.10 No.1(2014年1月発行)

訂正箇所
78ページ 左段下から5行目

3.5mm径のIntegrityの最大拡張径は4.5mm程度である。

3.5mm径のIntegrityの最大拡張径は4.75mm程度である。

Coronary Intervention 2012 Vol.8 No.2(2012年3月発行)

訂正箇所
34ページ 左段
下から3行目

0~59%狭窄ではPSV>180cm/秒

0~59%狭窄ではPSV<180cm/秒

Coronary Intervention 2011 Vol.7 No.6 (2011年11月発行)

訂正箇所
71ページ 右段 図4
グラフ

ci7_6p071

ci7_6p071a

Coronary Intervention 2011 Vol.7 No.1 (2011年1月発行)

訂正箇所
目次 右ページ
上から9行目

複雑病変・分岐部病変・CTO・LMTでのIVUSの威力~実症例から学ぶ

PCIにIVUSは本当に必要か?

Coronary Intervention 2010 Vol.6 No.1 (2010年1月発行)

訂正箇所
目次 右ページ
上から2行目

第1回 中山道インターベンションカンファレンス

中山道インターベンションカンファレンス 開催


ページの先頭に戻る