• HOME
  • »
  • 書籍 » Coronary Intervention » Coronary Intervention Vol.15 No.1

Coronary Intervention Vol.15 No.1

Coronary Intervention 最新号のご紹介 NEW

Vol.15 No.1 2019年1月31日

特集:Contemporary best strategy of PCIで本邦PCI例の予後改善

定価:2,916円(本体2,700円 + 税8%)

ISBNコード:ISBN978-4-903043-86-9 C3447 ¥2700E

Contemporary best strategy of PCIで本邦PCI例の予後改善

目次・コンテンツ
Over View
・・・東邦大学医療センター大橋病院循環器内科 中村正人
1.SYNTAX Ⅱ試験からの教訓
・・・聖路加国際病院循環器内科 浅野 拓
2.機能的狭窄評価を極める
1)FFR, Resting Index
・・・東京医科大学八王子医療センター循環器内科 田中信大
2)FFRCTの将来性
・・・社会医療法人天神会新古賀病院心臓血管センター 小此木太一/川﨑友裕
3)核医学
・・・名古屋赤十字病院循環器内科 七里 守
3.Imaging guide を極める
1)IVUS
・・・岩手医科大学内科学講座循環器内科分野 木村琢巳
2)OCT/OFDI guided PCI
・・・昭和大学医学部内科学講座循環器内科学部門 関本輝雄/新家俊郎
4.CTOを極める
1)CTOをなぜ開けるのか
・・・足利赤十字病院循環器内科 沼澤洋平
2)どのCTOを開けるべきか
・・・済生会宇都宮病院循環器内科 下地顕一郎
5.OMTを極める
1)脂質低下療法
・・・順天堂大学循環器内科 船水岳大/宮内克己
2)抗血栓療法
・・・滋賀医科大学医学部附属病院循環器内科 中川義久
6.本邦の成績を再考する
1)糖尿病例
・・・慶應義塾大学医学部循環器内科 澤野充明
2)CKD例
・・・名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学 石井秀樹


Clinical Case Report Part 2
SYNERGYの早期内膜被覆に関する検討および症例報告
・・・済生会横浜市東部病院循環器内科 小林範弘先生


CCT 2018 Luncheon Seminar
Optimal Decision for ACS Patient
Face the High Risk Patients
- Bleeding Risk and Thrombotic Risk -


e-casebook FORUM
世界の医師と,真剣勝負の症例検討

ページの先頭に戻る